派遣とフリーランスでは何が違うのか

システムエンジニアが仕事を選びながら適宜こなしていくことによって、労働量や成果に見合った収入を得るという形で働きたいと考えたら二通りの方法を選べる。一つはエンジニアを専門とする派遣会社に所属して派遣で働く方法だ。もう一つの候補として独立して個人事業主になり、仕事を企業から手に入れて達成することにより報酬を得るフリーランスを行う方法もあるだろう。

この二つはエンジニアが働く上では類似店が多く、担当者やエージェントから仕事を紹介してもらったり、自分で仕事のリストを探して自分に合った仕事を選んで申し込んだりして働ける。短期間での仕事になりやすく、三ヶ月から一年程度のものが多いのも共通点だろう。ややフリーランスの方が長い契約のものが多いが、それほど大差はない。

働き方の上で異なるのは、エンジニアとしての専門的な仕事だけに従事できるかどうかである。派遣社員の場合には専門の仕事以外は派遣会社が行ってくれるので負担はない。しかし、フリーランスの場合には営業を行って自分の知名度を上げていくことも重要になる。また、経理業務も発生してしまうため、必要経費を計上していきながら帳簿を作成し、納税や確定申告をすることが必須である。

このような大変さはあるが、仕事の獲得の柔軟性や自由度ではフリーランスの方が優れている。自分で企業に乗り込んで営業活動をすることにより、独自の経路で仕事を勝ち取ることもできるからである。もちろん、その営業活動が自分自身の収入を左右し、一般的にはフリーランスの場合が稼げると言われている。つまり、システムエンジニアの多様な働き方で、たとえ同じ職種であっても収入に違いが生じるのである。