ホーム » システムエンジニアの多様な働き方

システムエンジニアの多様な働き方

システムエンジニアはシステム開発を担うエンジニアだが、システムの種類は多岐に渡っているため、その専門性の違いによって多様な働き方がある。代表的な専門分野だけでもネットワーク、データベース、セキュリティー、インフラ、組み込みなどといったものがあり、さらに仕事の内容によってセールスエンジニアやサポートエンジニアなども選ぶことができる。

ネットワークの活用が必須になっている現代社会ではネットワークエンジニアやサーバエンジニア、セキュリティーエンジニアの需要が高く、必然的に収入面でも平均的に見ると高めになっている。

また、基本となるインフラを担うインフラエンジニアも常に高い収入で雇用されている傾向がある。需要による収入の変動が大きいのはシステムエンジニアが専門分野を選ぶ上で重要な点であり、IoTの開発が進んでいることから組み込みエンジニアが求められるようになる可能性も高い。ビッグデータの取り扱いの必要性から、データーベースエンジニアの収入が上がることも期待できる。

時代によってどの分野が高収入になるかは違いがあるが、どの方向性でもスペシャリストとして台頭できると収入が飛躍的に向上する点では共通している。他のエンジニアにはできない仕事をこなせるようになると高い価値のあるエンジニアとして認められるようになるからだ。そのため、自分が興味を持って学べる専門分野を選ぶのがシステムエンジニアにとって良い働き方になる。